So-net無料ブログ作成

きっと6回目のデザインフェスタ [デザインフェスタ]



 けふのをかし人形劇団員らが、
 DESIGN.FESTA VOL.35に
 5月12日(土)13日(日)の二日間出場します。
 詳細はこう↓です。


  場所は東京ビックサイト。
  けふのをかしの人形たちを展示&販売いたします。
  わたしのブースは、
『お2階のK-86』 で、
  今回はなんと、うっかり暗いエリア
のミニブースにおります。
  開催時間は、
11:00~19:00です。


  そして、
  デザインフェスタでは、お客様も入場券の購入が必要です。
  当日、会場で買うもよしですが、“前売券”“当日券”がございますので、
  ご都合に合わせてお買い求めくださいませ。




前売券 ¥800(1日) ¥1500(両日)
当日券 ¥1000(1日) ¥1800(両日



デザイン・フェスタ・オフィス&ギャラリー  オリジナルデザインチケット

ローソンチケット Lコード/№38840

セブンチケット Sコード/№014-932

チケットぴあ Pコード/№620-636(1日)
    /№987-632(両日)




おぉ、久しぶりのデザインフェスタ。
暗いエリアでどうしたものでしょう。
考えてもしょうがない。
いや考えなければいけないに決まっている。
決まっている。
決まっているが。
というわけで、
いつもギリギリになってしまうデザインフェスタのお早め告知でございました。
またギリギリまでになんとか出場するお人形を
コチラかアチラに登場させたいなと思っております。
どうぞ宜しくお願いいたします。




ひとり旅に出てしまった車窓の蝦ちゃん。
靴はちゃんと脱いでいます。







nice!(0) 

あけましておめでとうございます。 [ごあいさつ]



昨年は、地味にも程があるのではないか

と思うほど活動できなかったので

今年は活動したいと思うのです。

そしてファルコンを描いてみました。

ネバーエンディングストーリーの。

ちゃんと説明しないと不安です。

あぁスペイシー。

今年もよろしくお願いいたします。



cosajisalut






nice!(0) 

ジンジャーエール [人形劇/ジンジャーエール]



 とあるところで。




 ハァー、冷えるわぁー。     冬だからしょうがないよ。




 特に、足元が。         冬だからしょうがないよ。




冬だからしょうがないの?





 そう、しょうがないの。




そーかー、しょうがないのかー。   そーさー、しょうがないのさー。



        



         なにか、着たらいい。






 ・・・・・また、とあるところで。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




   今日も迎えが来ない。 




 不時着してから、今日で何日だ。

 ざっと12年と11ヶ月というところでしょうか。
 何をやっているんだジョンはっ!!





 今ここに居ないジョンを責めたところで、しょうがないことさ。

 しししかし、
 じょじょジョンの奴は、
 ココへの不時着が原因で
 あの宇宙船に一人しか乗れないとわかったとき、
 『必ず迎えにくる!!!』
 と、唾をとばしながら救出を固く誓っておいて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 その翌年から、
 毎年家族写真入りの年賀状を送ってくるなんて。
 ヒドイッ!!!

 
ヒドイッ!!!ムムムムムキィー  ハッ、血圧が・・・・・



 

 ここにいない者に怒っても所詮、しょうがなきことです。
 そ、そうかもしれんな・・・・・血圧が。







                
 ジョンめ!!!!!








 ・・・・・またまたとあるところで。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




 だからね、わたしがカワイイのは、しょうがないことなの。  
                       ん?




 だからぁ、        あぁ、うん。しょうがないよね。しょうがないよ。


・・・・・あれ?
 しょうがないことなのよ・・・・・

                  




                    
                                        へぇーーー。







 ・・・・・はたまたとあるところで、
      地面に寝転んで物思いにふける岩尾


  はぁ、、、、

 なに、、、、、、?不退転て、、、、、、、、。





   岩尾どのー、岩尾どのーー!


あ?




お、もののふの旦那。






 こんなキラキラした瞳をしていますが、
 もののふ(武士)だけに、たいていの物はたたっ斬りたがります。
 蝶をかたどったマゲ(というか蝶々がマゲ)がチャームポイント。
 そして、刀は常にむき出しで携帯しているので、
 すれ違いざま斬られないよう警戒が必要です。
                                





 どうかしたのですか?  
                
うむ、近頃この辺を怪しいきゃつが
                     ウロウロしておると聞いての。
                何かソレらしき者を見てはおらぬかの?


 むき出しの刃物を持った黄緑の者を見ましたが・・・・・。
   
     なに、その者はどの方角へ行ったのだな?
 ・・・さ・・さぁ・・・・・。
       もうっ、そんなことではしょうがないではないかコノヤロー!
 そんなこと言われたって、ょ、よく、覚えて無いんだからしょうがないでしょうが。







そこの黄緑の、

あなたでしょうがー。



 テクテクテクテクテッテケテク




あなたが怪しいでしょうが。
まぁ、それはそうなんですけどね、あなたがそれを言いますか。
おぬし相当怪しいではないか。

お互い様でしょうが。
はぁ。
それはまぁ。


 
私は、怪しい者ではなく、ただの通りすがりの しょうが です。
 
しょうが?
 
しょうが?
 そう。しょうが。
 しょうが?
 
しょうが?
 だから、そう言ってるでしょうが。英語で言ったらジンジャーでしょうが。

 
ジンジャー
 
ジンジャー






わたしね、
この街へ来てから方々巡らせていただきましたが
住人の皆さん、みんながみんな、何かあれば
『しょうがない、しょうがない』
って、連呼しておりました。
それを聞いていて、思ったんです。








しょうが は、
  あるでしょうがぁーーーーー!!



                                 とね。






というわけでね、さぁ、食べなさい。




ひぃっ。




ムム、無理強いはよせぃっ!


                        ギラーン。



スパッ。



ポトリ。




ギャー。
キーヤーーーーーーーーーッ



                  ・・・・・・・・・・・・・・・。
                     ・・・・・・・・・・・・・・・。





サッ。






   
どうぞ召し上がって。    生えてる。 生えてる。






           肉片ですよね、おぬしの・・・・・・・。





それならばスライスしたものを。
                  そうだそうだ、きっとその方が食べやすいです。



さぁどうぞ。


                             
パンチの効いた着色料ですね。






 私を見れば分ると思いますが、着色料は、使ってません。
 しかし、気になるのであれば。






おすし屋さんでいただいた、ガリです。





           
それ、今、どこから出されました?

このカバンから。


カバンに、

じかに、

ガリを・・・・・。






ム・・・・・無菌カバンです。

 
無菌ねぇ・・・・・
 
無菌のぉ・・・・・




        
え-い、小ざかしいっ!!!

 
フカフガフガッ
 フガフガフガガッ








 
 ヤミヤミヤミヤミヤミヤミヤミーヤミヤミヤミヤミヤミヤミヤミー








 
もうないの?
 もうないのか?
 
気に入っていただけましたようですね。



 では、あなたにはこれを。



 いやッ、これではなくてガリを。

 (ムシ)それではさようなら。テクテクテクテクテク






あのう。


 
はい?
 私にも何かください。
 
岩尾どのにも何かください。


 では。
 これは・・・・・・?

 カツラムキマフラー。

 かつら剥き・・・・・?
 
またもや肉片・・・・・。


 
気に入りませんか?


 なんか、つめたい。




フンッ

ギューギューギューギュッ
うーうーうーうっ。




 まぁ、お似合い。
 ありだわ、あり。
 それでは私はこれで失礼します。







 そうそう、
 どんな時でも しょうが はあるのだということを、
 どうかお忘れなきように。
 達者でな。









                    しょうが・・・・・ある。
                            ある。










nice!(0) 

子羊① [人形劇/迷える子羊]




誰のお悩みも瞬時に解決したりしなかったりする、
モウさん と ボウさん
二人は大体いつも一緒。
今日も迷える子羊にアドヴァイス。







マネージャー小松: 次の方、どうぞー。






はじめまして。シイタケダと言います。
で、それで、わたくし。
地味で。




小松: では、 モウさんボウさん、宜しくお願いいたします。



小松: シュタタタッ。

シイタケダ: あの、地味で・・・・・。




シイタケダ: 地味なんです。

モウさん: で?
ボウさん: 目立ちたいのだね。

シイタケダ: ええ、目立ちたいのです。



まるで動いていないように見える程の俊敏な動きで
シイタケダさんに何か施術しているボウさん。
モウさん: ぉぉ・・・・・




手鏡出現。











シイタケダ: まあ!





モウさん: どうかね?
ボウさん: どうかね?

シイタケダ: んん・・・・・






ボウさん: どうかね?
シイタケダ: んん・・・・・
モウさん: どうかね?
シイタケダ: んん・・・・・

褒められたい
なんとも言えないシイタケダさん。を尻目に、




小松: ワル目立ち?






んん・・・・・。
覚えたばかりの言葉はやたら使いたくなる小松







nice!(0) 

子羊② [人形劇/迷える子羊]



マネージャー小松: 次の方ー

・・・・・・
ボウ: カター
モウ: かたー





小松: ・・・いらっしゃいませ。
ボウ: しゃいませー。
モウ: しゃいませー。






       友達ください。






小松: 落ち着いてください。
     そして、
ボウさんモウさん、宜しくオネガイシマスさようなら。






    えー   えー





おなまえはー?

ジャックバウワー。






          本名?






えーん、嘘だよー、ジャックバウワーじゃ、ない、よぉーーー。
えーんえんえーんえんえーんえん。
友達できないよー、えーん、えんえん。
本当の名前は伊達直人だよー。






  これは・・、虚言癖!    タイガーマスク!





そこで、
単に嘘つきで
なかなかお友達ができない誰かさん
超能力を駆使して
お友達を紹介してあげる
エスパーなボウさんモウさん





 スンスン、
 スンスン。
 同じ匂いがする。







わたくし、エリザベステーラーと申しますが、
そこに転がっているキミドリの方ってどういう方です?


ボウ: 嘘つきです。
モウ: あなた、お名前は?

ウソギと申しますが、嘘です。

モウ: ややこしいようで わかりやすいですな。
ボウ: 嘘つきですな。






ボウ: ささ、ささ、
モウ: あとは、お若い者同士で。







芽生えかけた友情を壊したくない嘘つき嘘つきは無口。








                 小松:
 なかよく。





これで二人の虚言癖も治ると良いでしょう。







nice!(0) 

子羊③ [人形劇/迷える子羊]



昨日、
黄色さんの家に、
黄色さんと、その友達の深緑さんと、
 黄緑さんの頭のポンポンのうちの1つが
 どこかのミサイルの発射スイッチになっているから気をつけてね。』
という電話がかかってきました。





『気をつけてね。』 って、どう気をつければいいのだろうか。
そもそも・・・

  本当だろうか。  このポンポン。 押してみようか。





引くんじゃなかった?
そうだっけ・・・・・
あーもう。  あーもう。  あーもう。





なぜか一部始終を聞いていたボウさんモウさん


    あたふたしている。  果たして、押すのか引くのか。





気になって仕方がなくなったので、
あやしく忍び寄るボウさんモウさん






そして素早く不審な動き。










クイッ

チョット、チョット、チョット!!!









ボウさん: アレ?




 ワ
 ァ
 |
 |
 |







              高い高い。







ボウさんが、飛んだ。












nice!(0) 

子羊④ [人形劇/迷える子羊]




ボウさん: あーぁあー、飛ーばーさーれたー 飛ーばさーれたーよー♪




わざとじゃなーいよー。 とはいえー飛ばされたーは飛ばされたー。




  すいませーーーーーん。 すいませーーーーーーーん。









はい、なんです?






ミヤビ: 私たち、髪を整えたいのですけれど、手が届きませんの。
エレガンコ: という、悩める乙女相談ですの。







        くだらない。     アイシンクソー。






    はっはっはっはっは。    かっかっかっかっか。




 行きましょう。



 そうしましょう。



 ・・・・・・・・・・













ミヤビ: くだらないの? 

             エレガンコ: んー・・・よくわからない。













nice!(0) 

子羊⑤ [人形劇/迷える子羊]



 お散歩中の高橋さん


高橋さんを見つけた岸田さん

あら?

あれは・・・・・

プーさん。






プーさーーーん!



・・・・・・・・・・


プーーーーーさーーーーーん!!


・・・・・・・・・・



           
高橋です。






岸田: え?
高橋: 高橋です。






岸田: あ、なるほど。
高橋: 高橋です。
岸田: はーはーほー。





 プーさんの苗字は高橋。
 プーさんの苗字は高橋。
 プーさんの苗字は高橋!



 自分の頭にインプットするために声に出して連呼してしまう岸田さん






有名なプーさんだ!



プーさん、握手してください。



高橋: 高橋です。



黄色: たかはし・・・?


高橋: そうです私は高橋なんです。
                     全然プーさんではないんです。




キャーッ、プーさんが子供の夢を壊すよー。
プーさんは現実主義ー、プーさんは現実主義者ー!!




 ・・・何を夢見がちな。








高橋: だーかーらー!!



  という具合に高橋さんは、
  プーさんに間違えられて「違います」と言っては攻められる。
  という状況が繰り返し起こりまくることに悩んでしまいました。



おぁメンドクサイ。



そんなときにはお決まりの、ボウさんモウさんのところへGO。




高橋: そんなこんなでカクカクシカジカなんだけども、どうしたら良いのでしょうか。






ボウさん: そーだねー。
モウさん: あ。





       その赤いチョッキ、 脱いだらええわ。




 高橋: これお気に入りだし、私のアイデンティティーは。




プーさんのアイデンティティーには、

高橋さんのよりはるかに長い歴史がある!
君は今、中国におけるエセ・ネズニーランドとおんなじ状況だ。
うーん、由々しき事態。

イヤーーーーーッ!!!





と、思ったけどもういいや。

なにがいいんや?
なにがいいんや?





だって私は高橋。
プーさんの偽者ではなく、
赤いチョッキを着た
高橋なのだから。


あ、
あ、


高橋さんカッコイイ・・・・・
高橋さんカッコイイ・・・・・






エヘヘ。
コチラにおられますのは、
ニセ・プーさんではなく、
カッコイイ高橋さんです。
カッコイイ高橋さんです。



すっかり高橋さんを崇拝しきりの
ボウさんモウさんは、
こうしてしばらくの間、
高橋さんがプーさんではない旨を
いちいち説明して歩くことにしたのでした。








nice!(0) 

Aのこと [人形劇/Aのこと]




私はA。

国数社ー理ー英、体育の成績はもちろんA。
(中でも英語はトリプルA。)
人間ドックの結果はだいたいA。
好きなミュージシャンはとうぜんYAZAWA。
好きなドキュメンタリー作家はやや森達也。
携帯電話はさすがにau。
QよりはA。
好きな食べ物は必然的にえいひれ。


そんな私は最近、
貧血で真っ青になってしまったため、
お医者さんに行ってきました。




あ、ドクトル。



こんにちはドクトルピンポン。
ハッ。

先日の
血液検査の結果はいかがでしたか?


                 どうしたんですドクトル、「ハッ」としっぱなしで。
え・・・・・

いえ、「ハッ」となどしておりません。
ええと、先日の、血液検査の結果なのですが、ええー。
ええーっと、
ええーっと・・・・・。



あのー、

今日は、いいお天気ですね。
ええー。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


それで、私の血液検査の結果はいかがでしたか?


実はぁーあなたはぁ、
  スゥー、ハァー。(深呼吸)





   AB型でした。



エエエーッ!!!






しかし、あなたが青い理由は依然として不明です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   ソロリ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ショックのあまり放心するAさん。

と思いきや、
近い将来好きな食べ物は甲殻類にしていくべきか。
とか、好きな歌舞伎俳優はあの人にするべきだ。
とか、そういえば、ロッテリアではあのバーガーが一番好きだった。
とか、もうエビのことで頭が一杯のAさんは、どこまでも前向き。






nice!(1) 

スッポンの桂 [人形劇/スッポンの桂]







鳥の方: あら、カツラさんがクル。

人の方: 本当だ。カツラの桂さんが来る。









ごきげんよう、桂さん。
 そんなにガン見しているところを見ると、あの方、お知り合いなの?









座って休憩中のネギシさん。
ネギシ: はぁー、よっこら。







フッ
フッ
フッ。







鳥の方: あ、カツラさんが不適な笑みを浮かべている。
       何か良からぬことを考えているに違いないわ!








ちょっ、桂さん、あなたマサカッ!!!










フフッ、そうね、そのマサカかもしれないわね。

そ、そんな。

そ、そんな。じゃないのよ。だって、だってあの人、
                      浮いているのよ。
                       

生え際。






あ、あ、あなただって、う、う、浮いてるじゃないの!

もっと言えば、
後ろ姿はこんなんなんじゃないの!





聞いてない桂さんの足音:
   スタスタスタスタスタスタスタ
     スタスタスタスタスタスタスタ
       スタスタスタスタスタスタスタ

         スタスタスタスタスタスタスタ
           スタスタスタスタスタスタスタ








トントトトン。

桂: すみません、ちょっとあなた。

ネギシ: はい、なんです?

是って、



カツラ?






















いいえ、ちがいますけど。
え、え、え? え?
・・・・・え?



え、え、え、え、え?
 え?ってなんですかあなた。



え、え、え、え、え、え、え?

   だから、
      
 私は、
           カツラじゃ、
                 ないんです。







ひどい、ひどいわカツラさんの奴!
   あんなに違うと言っているというのに。
     言えば言うほど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

嘘でもカツラだって言わないと、一生離れないわね。











           ちがいます。










喰らい付いたら離れない、
『スッポンのカツラ。』の異名をほしいままにしている桂さん。
スッポンがカツラをかぶっているイメージが頭に浮かんでややこしい。










nice!(1) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。